「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

PS4proを購入

おはようございますなごみです。

 

今日は朝イチでPS4を買いに、TSUTAYAまで行ってきた。

 

モンハンワールドがどうしてもやりたくて買った。

ネットでいろいろ調べた結果、proの方がいいらしいという事だ。

 

switchを去年買ったのだが、何かswitchのソフトってどれも物足りないんだよね。

 

私はテレビをあまり見ないので特に夜の7時からが時間を持て余すので、それも踏まえて購入した。

 

早速設定から始めよう。

婚活をやめると楽になる

おはようございます。なごみです。

 

最後に婚活をしてから2ヶ月が経った。

それ以降、婚活に関する事は一切していない。

 

気持ちの変化としてはメンタルが落ち着いている。

自分の病気の事や仕事の事、生活や性格の事を考えると、やっぱりひとりがいい。

 

友人が多くいれば、周りが結婚したから自分も、と思うかもしれないが、私の場合友人がいないのでその心配もない。

 

そもそも、結婚がしたいのか、結婚して幸せな人だと思われたいのか、そこらへんが曖昧だった。

 

今はもう結婚への意識そのものがなくなっている。

 

病気になっても人生が続くのと同じで結婚しても生活や人生が続く。

 

今の分だと自分ひとりのご飯は食べて行けそうだ。

 

世間体も関係ないので仕事が無くなったらバイトでもすればいい。

 

婚活をやめるといろんな事から解放された気分になる。

 

仕事もほどほどやればいいし、ダイエットもそこまで根つめてやる必要もなくなった。

タバコも気兼ねなく吸えるし、いろんな意味で上を目指す理由がなくなった。

 

婚活から自分を解放して好きに生きたいと思う。

ここ最近の調子

おはようございます。なごみです。

 

ここ最近は調子が悪く、ブログを書くガッツもなかった。

何もする気が起きず寝てばかりいた。引きこもりニートのような状態だ。

 

季節的なものなのか精神的なものなのかわからない。

1日10時間以上寝ているし、投資に関しても何も手をつけていない。

 

こんな状態ではこんな状態では人間が腐っていくので、何とか気力を振り絞ってこのブログを書いている。

 

しばらくこのままやり過ごそうと思っているが、この気分の浮き沈みは何とかならないだろうかと解決策を模索している途中だ。

 

良い調子を一定に保つ事ができない、これが私の弱点でもある。

土日は、仕事を休みにして、来週からの調子を上げていければと思う。

再起をかけて 〜投資編〜

どうもなごみです。

 

今は一旦、株式投資から手を引いている状態だ。しかし諦めた訳ではない。

 

「お金を自分のために働かせる。運用利回りを上げる。」

 

そのために再起をかけて、一から勉強しようと思っている。

まずは会計から学び、経済ニュースを俯瞰して読めるようになりたい。

 

この先も経済的自由、経済的自立を続けるためには投資の分野は必要だと判断した。

 

読んだ本で学んだ大事な事をまとめると、

 

「必要な分野は、投資力、会計力、市場を理解する力、法律力。

収入を増やす、支出を減らす、運用利回りを上げる。」

 

良書と言われる本のほとんどにこのことが書かれている。

 

ちなみに不動産投資で一番大事な事は「度胸」と「覚悟」だった。

多大なリスクと引き換えに月々のキャッシュフローを得る感じだ。

 

勝間和代は「賢くなる事で、人生を豊かに生きる事ができる」と言っていた。

だから私ももっと学んで賢くなっていきたい。

 

マネーゲームで金持ちになるためではなく、人生を豊かに生きるために投資の分野を学ぶ、という趣旨を忘れないようにブログに記録しておこうと思う。

経済的自立を果たした今

おはようございます。なごみです。

 

私は現在35歳で、ひとり経営により経済的自立を果たし、セミリタイアを目指す人が辿り着くゴールを果たした。

 

それは自分が働く事なく、収入を得るシステムだ。

これにより、私は自由を得る事ができた。

 

自由を得た事で感じる事は「自由は不自由」だという事だ。

自由なはずなのに、なぜか不自由を感じる。元々が労働者体質なのだろうか。

 

何かをしなきゃと思いだけが先行し、実際ゆっくり心を落ち着かせて過ごす事ができていない。

 

会社員なら仕事さえすれば、その満足感に浸る事ができる。そして仕事をしている時間は「他の事」を考えなくてもいい。

 

私はその「他の事」を考える時間が多すぎて頭が混乱する。

 

心の中では「もっと余裕を持った生き方がしたい」と思う一方、自己成長しなければ、いつ一文無しになるかもしれない、という危機感と葛藤している。

 

「金持ち父さん」でお金持ちになっても問題は解決しないと書いてあったが、それがまさに今の自分だ。

 

経済的には十分やっていけるはずなのに、なぜか不安が消えない。

 

人生も投資も大事なのは「プラン」だと書いてあった。

私は金持ちになる事に固執しすぎて、人生のプランが出来ていなかった。

 

最近はリタイアに焦点を当てたブログが多いがセミリタイア後のプランを持つ事をおすすめしたい。

お金の本に載っていない問題

おはようございます、なごみです。

 

最近はいろいろとお金に関する本を読んでいた。

まとめると手元により多くお金を残すには、

 

1、収入を増やす

2、支出を減らす

3、運用利回りを上げる

 

ようはこの3つだ。どの本にも書いてあった。

私は会社員でも会社の社長でもないただの個人事業主だ。

収入の枠は決まっている。つまり1はどうにもならない。

 

しかも私は、病気持ちなので、労働者として働く能力は無いに等しい。

 

つまり大事なのは2と3だ。

2は倹約に努めれば何とかなるにしても3は自分で勉強と実践を重ねていくしかなさそうだ。

 

今までは自分の労働力を使って何とか収入を増やそうとしていた。

資格取得を考えていたのもそのせいだ。

 

本を読んでいくうちに考えが少しづつ変わった。

お金や資産を自分のために働かせるという発想に変わった。

 

「お金持ちは働かない」という本当の意味に気がついた。

 

最大の問題は「働かない時間」をどう使うかだ。

 

いろいろ本を読んで、お金持ちになる方法はある程度どの本も充実している。

お金持ちになったあと、つまりリタイアした後の生活が載っている本はほとんどない。

 

私みたいに普段の仕事がほとんど無く収入がある人たちはどう時間を使っているのだろう。正直気にはなる。

 

私としては、今後は「運用利回りを上げる事」と「好きな趣味」に時間を費やしていこうと思っている。

無職の友人と縁を切った結果

どうもなごみです。

 

私は生まれ育った地元にいながら友人が少ない、というより現在0人だ。

経営や投資、不動産の話をできる人などいない。経営者は常に孤独だ。

自由の代償が孤独といってもいいだろう。しかし決して不満ではない。

お金のない不幸も経験しているので、今の方が断然マシだ。

そもそも会社員とは話が合わないだろう。

 

そんな私にもフリーター時代に知り合った10歳年上の友人がいた。

付き合いは8年くらいだ。正直一緒にいるのが恥ずかしいくらいの不細工男だ。

頭は禿げてるし、デブだしだらしないし無職だ。無職歴はもう5年くらいになる。

今は心理士を目指し大学に通っているいるそうだが、なれる訳ないし、まさにピーターパンおじさん状態だ。

 

そしてこの前事件が起きて、私はそいつと縁を切る決心をした。

私としては平日の昼間に暇つぶしに遊べる貴重な友人だったが、それを上回るムカつきがあったため、縁を切った。

 

その結果、運気や調子が上がったような気がする。

そいつの事を考えなくて済みイライラがなくなった。自分の勉強に集中できる。

 

付き合う人は大事だと言われるが、皆さんも運気を下げる人とは付き合わない方がいいだろう。