「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

精神病への経緯

スポンサーリンク

こんにちはなごみです。

 

今日も雨の中、ジムに向かった。いつものメニューの5キロのジョギングと筋トレ。

体重は0.3キロ減の80.3キロ。今週の目標の70キロ台まであと少し。

正直ここまで続くとは思わなかった。帰りにサイゼリアでパスタを食べ帰宅。

 

さて、今日は病気の話。

なぜ私が一人で仕事をしているかというと、

私は説明を理解したり人に説明するのが苦手だからだ。

学生の頃はそう感じなかったが、大学の就職活動の時、自分だけ自己PRが全然できない事に気がついた。つまり自分の事を人に説明できないのだ。

 

それと人事の質問の意図を汲み取る事ができない。

私はある種の病気なのか悩んでいた時期があった。

 

そうこうしているうちに、就職活動中に鬱状態になり、寝込んでいたら、急に躁転して

クレジットで物を買い漁ったり、おかしな言動や行動などが目立つようになった。

 

気がつけば精神科に入院していた。実は躁状態の頃の記憶があまりないのだ。

 

あとで病気の本で読んだのだが、鬱状態を放っておくと、脳が危機を察知して、鬱から抜け出そうと躁転するらしい。

 

躁鬱病、実は怖いのは躁状態の方だと思う。脳が焼けるような、妄想が止まらない。

12年目の今、ほぼ症状はなく、外見上も病気だとは分からないと思う。

それでも私の人生の深い闇として心に傷跡を残している。

 

もうあんな思いはしたくないな。