「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

お金があったら何がしたい 〜理想の生活編〜

スポンサーリンク

おはようございます、なごみです。

 

今日は木曜でジムが休館の日。なので朝はゆっくり新聞を読みながら、このブログを書いている。

セミリタイアも4年目に突入している今日この頃。基本的にお金の心配はしなくて大丈夫だ。体もいたって健康だ。じゃあ昔、お金があったら何がしたかったか自分なりに考えてみた。

 

働いていた時はとにかくこう思っていた。

ニートになりたい、働きたくない。引きこもりたい。誰にも命令されたくない。

毎朝起きるのが苦痛で、通勤で事故った事もある。

 

そして私は不動産収入を軸として会社を辞めた。

 

そして4年目、何をしているのかというと、自宅に引きこもり、資金の一部を投資したり、音楽をかけながらゆっくり新聞や読書。朝目覚ましをかけないで済むし、誰にも命令される事もない。ゲームや映画も楽しんでいる。欲しいものはネットで買って家に届く。運動はジムでする、

 

そう、今できているじゃないか。理想の生活が。

あの頃の一番の理想は「働きたくない」ことだった。

下っ端の社員やバイトが働いてて楽しい訳がない。

 

今、私はお金があったらしたいことをやっている状態なのだ。

「働かなくても生活できる」

それだけで十分幸せな事なのだ。

物足りなさを感じていた自分は何だったのだろう。

 

おそらく、人と会わない事が原因だろう。特に異性と会う機会がない。

人を信用していないし、会うのも話すのも面倒だがそれが続くとたまに寂しくなる時もある。でも全てがオールオッケーな人生などないし、孤独は税金みたいなものでセミリタイアとセットで受け入れるべきものだと認識している。

 

私みたいな生活は不動産で500万近くの収入があれば余裕で可能だ。

セミリタイアの一番の近道であり、キーワードは「不動産」だと言える。