「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

「気づきの投資術」でメンタルの重要性を学ぶ

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

今日は日曜、しかし私にはあまり関係ない。

いつも通りジムに通い、4キロと軽めに走って帰りに図書館に寄った。

 

図書館は学生が多くテーブル席はなかったのでカウンター席で借りた本を1時間ほど読んで帰宅。

 

「気づきの投資術」というメンタルに重きを置いた投資本を読んでいた。

 

気づきの投資術―投資心理のメカニズムを知りマーケットに勝つ究極の智慧

気づきの投資術―投資心理のメカニズムを知りマーケットに勝つ究極の智慧

 

 

特に真新しい発見はなかったが、どの投資本にもメンタルの重要性は説いてある。

 

私の現在のメンタルはというと、今年に入ってからのルーチンが確立されてきているので精神面は上々だ。あとは自分のルールを継続する事が課題である。

 

去年よく遊んでいたハゲでデブで無職でデイケア通いの友人と縁を切る事で運気が上がったような気がする。そんなクズとつるんでいても何一つ生産性のある事はできないし、今思えばなぜ遊んでいたかも不思議だ。

 

ともかく私の運気に影響していた事は間違いない。

 

友人や人間関係にはもう何も期待していないので、自分の時間を能力を高める事にも使っていきたい。

 

勝間和代の言葉で

 

「能力を高めれば、人生をコントロールでき豊かな人生を手に入れる」

 

この言葉が自分の中に響いたのでその感性を大事にしたいと思っている。