「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

自分を見つめ直す時間

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

今日も雪のためジムに行けず残念だ。今週は2回しかジムに行けていない。

そのため自宅にいる事が多く、自分を見つめなおしている。

 

私の職業はというと、表向きは不動産関係と聞かれた場合言っている。本当は自営業でもネット関係でもライターとかでも何でもいいのだが、婚活の時に安定してそうな不動産関係と言う事にしている。

 

実際の収入源はマンション収入と貸家収入、自動販売機収入だ。あとは株取引で儲かったり損したり。

 

不動産、自販機に関しての仕事は年に一度の決算の資料を作るだけという何とも寂しい業務だけ。

 

35年生きてきてサラリーマンをしていたのは3ヶ月だけだ。WEB制作の小さな会社で社長が仕事を取ってきて社員で制作するのだが入社して3ヶ月で倒産した。

 

零細企業で働く事はリスクが高い事を知った。要するに世間知らずだった訳だ。

じゃあ他の期間は何してたのかというと、フリーター、契約社員フリーランスなどだ。もちろんニート期間もある。何とも情けない経歴だ。

 

躁鬱病という病気を抱えながらもよくやったと思う。

 

ユーチューブで新田ヒカルという投資家のライフスタイルを見たが、自分もほとんど同じだ。自宅の1室に篭り、投資の情報を集めたり、本を読んだり、動画を見たり、一人で完結できる事をやっている。

 

仕事が嫌でニート希望の人からみたら羨ましがられる生活だと自分でも思う。

 

不安はもちろんある。それは経済的な事ではない。

将来の孤独や退屈、パートナーや友人もいない事。むしろ精神的な事だ。

病気になった場合や孤独死など。

 

しかしこれらは自分本位の狭い視野の不安だと思う。独身なら誰しも孤独死の不安はあるし、結婚してても子供がいても不幸せな人もいる。

 

誰しもが何かを抱えているのを知る事が大事だ。

 

という訳で今日は自分を見つめ直してみた。