「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

「働く君に伝えたいお金の教養」を読んで

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

今日は、ジムも休みで図書館に行ってきた。図書館でゆっくり本を読むのも悪くないセミリタイアの過ごし方だと思う。

 

「お金の教養」がたまたま目に入ったので、一通り読んでみた。

筆者は結構前にネット保険で有名になったライフネット生命の社長だ。

 

 

 

全体的に読みやすく分かりやすい。筆者が歴史好きという事もあり制度の歴史を背景に少し書いてある。

 

人生の先輩にふさわしい考え方や深い教養が随所にうかがえる。

 

人生には特に決まったルートなどなく、100人いれば100通りの人生があり、人生にはプランがない行き当たりばったり方が楽しい事もある。

 

という考え方は私にとっては新鮮だった。

 

大学、就職、結婚、子供、出世といったルートが全てではない。

 

テレビや雑誌では、不安を煽り、介護や老後のお金の問題などが取りざたされている。ああしなければいけない、こうしなければいけない、という凝り固まった考えを一掃してくれた。

 

20代に向けてのメッセージではあるが、35歳の私にも十分に響く本だった。

 

老後の不安にビクビク震えて生きるよりも、今しかできない事に力を注いだり熱中したりする方がはるかに幸せな人生だ。