「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

一人起業の限界と株式投資の可能性

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

最近新しい事業を立ち上げようと考えていた。

しかし、ここで一旦立ち止まって考えて見る。

 

私は事務所を人に貸しているのだが、そこの借主の社長がいわゆる一人親方だ。

彼を例に取ると、一人で事業を起こし自分の人的資本を使うような仕事ではすぐに限界が見える。

 

彼の場合20年近くやっているが、下請けのため事業はちっとも大きくならないし、

体は酷使するし、お金がないから人も雇えないし、家賃も私に払わなければいけないし、引っ越そうにもまとまったお金がないし。

 

元請けから搾取され、家主からも搾取される。

 

つまり一人で事業を起こしてもあまりいい事がなさそうだ。

体を酷使する仕事って体を壊したら全てが終わりだ。

 

新しく事業を起こすなら人を雇い大きくしていかなければ、結局自分は楽できない。

その覚悟があるかと言われれば、正直自分にはない。

 

つまり一人起業はハイリスク、ローリターンだ。

借り入れなどして事業をどんどん大きくするならリスクもあるが億万長者になれる夢もある。ただそれなりの才覚や運がないと厳しいだろう。

 

では投資についてはどうか。

 

現代の投資の優れている点はネットの発達のおかげで設備投資や固定費などがほとんどかからない。

 

かつリスクが取れるなら一人でも億万長者になれる夢もある。もちろんこちらも才覚や運が必要だが。

 

ハイリスクならハイリターン、ローリスクならローリターンなど自分さえしっかりしていればリスクコントロールが可能な点がある。

 

そして私は考えた。

 

事業を育てるリスクを取るより投資の技術や知識を身につけた方が得策なのではないかと。

 

不動産賃貸でインカム得て、株式投資でキャピタルを得る。

 

王道と言えば王道だが、この方法が最も理想的なのではないかと思う。

 

なので何パターンか考えた事業構想は全て没にし、投資の勉強に勤しもうと思う。