「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

隣人トラブル 〜完全決着編〜

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

例の隣人トラブル、完全にケリを付けた。

 

先日またも、自宅に来た。

現場のおっさんと小ヤンキーみたいな息子。

 

私「で?」

 

相手「いつ小屋根を直してくれるのか?逆の立場にもなってみろ。」

 

私「逆の立場って俺なら訴え起こすけど。」

 

私「おたくの得意の法律問題なんでしょ、だったら法律でカタつけろや」

 

相手「上等だ、コラ。こっち民法で決まってんだ」

 

私「全く話にならない。はっきり言おう、おたくらにはビタ一文も払わないし、今後も倉庫を撤去するつもりもない。」

 

相手「な、なんだと。雪がこっちへ落ちるじゃねーか。民法で決まってんだよ」

 

私「知らねーよ。得意の民法で対処しろや」

 

私「次、自宅に来たらどうなるかおたくらでも分かるよね。

  話は終わりだけど。」

 

相手「私らいったいどうすればいいんだ」

 

私「この件では揉めないと一筆いれてくれれば、雪がそちらに落ちる倉庫の屋根の部分を外してやってもいい。」

 

相手「い、嫌だ」

 

私「じゃあ帰れや」

 

まとめるとこんな感じで、もう家に来ることはないだろう。

 

相手が素人知識で法律を持ち出すから、こういう事なる。

 

私として穏便に話し合いで済まし、多少のお詫び金も払ってもよかったが、相手の態度でその考えは一掃された。

 

こっちは土地を貸すのが仕事でね、素人に舐められたら商売あがったりですわ。