「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

時間の大切をわかってからゲームをやめた

スポンサーリンク

こんにちはなごみです。

 

再三このブログでは言っていた事だが、私の趣味はゲームだった。

過去形の意味はゲームを完全にやめたからだ。

正確に言うとゲームをしている時間がもったいないと感じるようになった。

 

それに早くから気づいている人にしてみれば気づいたのが遅いくらいだと思うが。

 

経営、事業に真剣に向き合ってみると分かるが、

限りある資源の中で時間だけは何をどうやっても戻す事ない大事な資源だからだ。

 

お金なら、また稼げば何とかできる。しかし時間だけは戻せない。

 

多くの経営者が「時間」こそ命と何度も繰り返し言っている意味がようやく分かった。

ゲームをする時間があればその時間を使い自己投資、新事業を試すなどやれる事はたくさんある。

 

前の自分は受身で時間を浪費していた。

ゲーム、テレビ、漫画などだ。

得にゲームやテレビから積極的に学べる事はほとんどない。

 

これからは限りある時間、この一瞬一瞬を、

受身ではなく、主体的、自主的、能動的に使っていこうと思う。