「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

ひとり経営ほど面白い仕事はない

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

私は個人事務所の代表であるが、決して法人の社長という訳ではない。

法人化の話もあったが、自分なりに考え、個人事務所のままで行くことにした。

 

大きな理由は法人にすると決算がややこしくなる。個人であれば確定申告なので最悪自分でやれることも可能だ。だが法人だとそうはいかない。

 

税金は多いがみかじめ料として国に割り切って払っている。

節税に力を入れすぎると本業がおろそかになる人を多く見てきたからだ。

 

経営理念の問題もある。

私の経営理念は身の丈経営だ。

現状維持をいかにキープできるか。

法人にして事業規模を拡大すればそれだけリスクも大きい。

人を雇ったりすればリスクコントロールは不可能に近い。

 

法人の最大の目的は「利益を追求すること」にある。

そのために絶えず事業を大きくしていかなければならない。

去年より今年、今年より来年。

そういう風にして破滅していった人間を多く見てきた。

 

私の経営は攻めより守りに比重を置いている。

自分で管理できない、理解できない範囲は手を出さないようにしている。

投資部門でいえばFX、仮想通貨がそれに当たる。

 

本題のひとり経営の面白い所は「時間」にある。

法人と違って、始業時間や終了時間がなく、仕事とプライベートの境目もない。

この自由な時間を最大限に使い、情報収集や投資先探し、人と会ったり、不動産管理、自販機仲介などを手がけている。

 

遊びに行く感覚で情報収集し、私はスーツも持っていないので、基本的にラフな私服だ。フリーターと間違われることも多いが気にしていない。

 

従業員がいないので給料や労務トラブルの心配もない。

 

思い描いた「自由」な仕事がそこにはある。

当然「自由」には責任もある。

 

きっちり自己管理できる人間でなければ難しいだろう。

 

基本的にできる人間というのは潔癖症で綺麗好きで整理整頓が上手な人が多い。

これは自己管理の基本中の基本だろう。

 

著名な所で言えば、中田英寿松本人志、漫画になるがウシジマくんも綺麗好きで有名だ。

 

私もかなりの綺麗好きで整理整頓、マメに記録を取ったりと自己管理には自信がある。

こだわりも強い。シャワーではなく風呂に絶対入ること。睡眠は8時間きっちり取ること。仕事場は常に綺麗に清潔に保つことなどだ。

 

自己管理ができればひとり経営ほど自由で面白い仕事はないと思っている。