「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

昔から日本の革命児に注目していた

スポンサーリンク

おはようございますなごみです。

 

私は学生時代からベンチャーというものに興味が強く、特のその経営者にはずっと注目してきた。ただ自分は決してベンチャーでは働かなかったが。

 

何の後ろ盾もなく既得権益に立ち向かった元ライブドア率いる堀江氏。

 

圧倒的な営業力と企画力で日本を代表するIT企業へと成長させた泣く子も黙るITの鬼、

サイバーエージェント率いる藤田氏。

 

他にもGMO熊谷氏、USEN宇野氏、元ハイパーネット板倉氏、今は世界の楽天率いる三木谷氏、ソフトバンク孫氏。

 

もの言う株主でファンドに革命を起こした村上ファンド率いる村上氏。

 

有名人以外にも、学生時代実際にアポをとって会った事もある人もいる。

私が実際に会ったのは、リフォーム業界に革命を起こした、アップリフォームジャパンの安藤氏、京都の下着ベンチャー、白鳩率いる池上氏。

 

いずれは当時は知名度もなかったが、今では立派な上場企業だ。

 

いずれも共通するのは、知識やスキルじゃない。

 

「日本、業界を変えてやろう」

 

という強いメンタルとリーダーシップだった。

いずれも私には持ち合わせていない。

 

しかし私も今や個人事務所の代表で肩書き的には法人の社長とは少し違うが、肩を並べたつもりだ。

 

収入や資産も彼らには遠く及ばないが私的には満足している。

それは私がそこを目指さなかったし、目指してなれるものではないと思ったからだ。

 

自分の能力を知る、これも立派な才能だと思っている。

 

これら優れた経営者陣がいる中で私が最も尊敬し、モデルとしてる経営者は父しかいない。

 

一匹狼で、ヤクザのような交渉術を使い、中卒という学歴社会の最底辺の中で、地元の有志らと渡り合ってきた父の姿は、私には何よりカッコよかったし、その大きな背中は憧れでもあった。

 

これからもそれは変わらないだろう。