「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

大学生の半数、読書時間ゼロはチャンス

スポンサーリンク

どうもなごみです。

今日もいつものように新聞を読んでいたら、

 

「大学生の半数、読書時間ゼロ」

 

という記事があった。

この記事を見てチャンスだと思ったら、見込みのある証拠だ。

 

ちなみに私は見込みのある奴にしか説教やダメ出しはしない。

 

ちょっと読書をするだけ、他の奴より一歩抜け出す事ができる。

これは非常にチャンスだ。

 

他人に優秀と思われれば、会社での仕事もしやすくなるし、知識もつくし、1石2鳥だ。

 

読書は量より質と言われる。

しかし量をこなさなければ質の向上は見込めない。

これはスポーツでも仕事でも同じだ。

 

西野氏の「革命のファンファーレ」のような本を読むくらいなら読まない方がマシだが。

 

普段から本を読む習慣をつけておけば、ああいう胡散い本は一発で見抜けるはずだが私もまだまだ未熟だ。