「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

「問題児」三木谷浩史 後半 完読

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

今日は天気が良くて、ガストモーニングに行ってから、TSUTAYAでウシジマくんの最新刊を買って読んだ。最初の金貸しからヤクザの抗争に話がメインになって、少しネタ切れかといった感じだ。

 

その後は「問題児」後半を読んだ。

 

三木谷浩史はスケールが違う。そう思わせるには十分な内容だった。

その類い稀なベンチャースピリッツこそが50年に一人の天才実業家と言われる所以だろう。

 

一般庶民の私には真似しようにもできないし、人として、経営者としてのスケールが大きすぎてあまり自己啓発としては参考にならないというのが正直な感想だ。

 

それでも私は楽天という会社がより好きになったし、これからも応援していたい企業の一つだ。