「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

ゆれ動く心 〜婚活と独身の狭間で〜

スポンサーリンク

おはようございます。なごみです。

 

婚活を再開して、ある女性と仲良くなった。

彼女も34歳である。

結婚を意識している事はほぼ間違いない。

 

では、私の方はどうか。

正直、結婚はしたいが、結婚のイメージが今ひとつ掴めない。

イメージできないもの、ストーリーを描けないものにチャレンジできるのか正直分からない。

 

こういう時、海外ドラマ「スーツ」のレイチェルが言っていた。

悩んでいる時はメリットデメリットを整理して比較する方がいい。

 

私にとって結婚のメリットとは。

 

最大の恩恵は子供だろう。

ただこればかりは授かりものなので、自分の意思だけではどうする事もできない。

 

ではデメリットはどうか?

 

私は現在、経済的にも時間的にも余裕のある生活を自由に送っている。

恋愛も自由にしていきたいタイプだ。

 

それが制限される事に果たして耐えられるのだろうか。

 

女性の34歳といえばリミットギリギリの年齢だ。

ここで私が腹を括っても6年後には40歳のおばさんとずっと一緒にやって行かないといけない。

 

おばさんを養うために稼いでいる訳ではない。

 

私は誰にも文句を言われない自由な人生を送りたいからここまで頑張った。

 

どうせ養うなら、若くて美人がいいのは当然だ。

青木雄二も女性は見た目の美しさで選んだ方がいいと言っていた。

 

なぜなら子供の容姿がいい確率が高くなり、子供の選択肢が増えるかららしい。

 

女性の見た目は1つの才能だと私は思っている。

その才能を見つけれるかどうか。

 

ここまで整理した所で、答えが出たようだ。

 

今回の女性(34)は見送り、来月の婚活イベントで20代後半の若くて綺麗な女性を探す事に力を注ぐ。

 

これが現在できる最もベストな婚活戦略だと思う。