「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

「この世界の片隅に」 感想 《ネタバレ注意》

スポンサーリンク

f:id:nagomi1983:20180319123400j:plain

 

どうもなごみです。

今日、映画「この世界の片隅に」を見た。

 

戦時中の日常を綴った映画だ。前半はゆったり時間が進む。

絵の描写もほんわかした感じだ。

 

だが後半にしたがって物語が動きだす。

主人公は戦争によっていろんなものを徐々に失っていく。

その過程が実にリアルかつ残酷だった。

 

戦争とは悲惨だ。

血を流すのはいつも一般市民だ。

 

私にとってこの作品は戦争というものが過去に実際に起きていた。

というのを実感できる貴重な映画だった。

 

先人達の頑張りのおかげで今の平和な日本がある。

 

心に深く刺さる素晴らしい作品だった。