「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

お役立ち情報 「集中力について」

スポンサーリンク

おはようございます。なごみです。

 

私の朝は地方紙を読む事から始まる。

今日は久々にいい情報を仕入れた。

 

「集中力」についての記述だ。

 

その記述によると、集中を1点に向ける事は脳にとっては危険な事らしい。

例えば運転中、前方だけに集中すればそれはそれで危険だ。

 

1点に集中する事よりも大事な事は、

 

「全体を俯瞰し、注意を分散する事」

 

みたいだ。

つまり適度に手を抜く事が集中する事よりも大事らしい。

 

子供の集中力は凄まじい。それは親が見守っているという安心感から1点に集中できるのだという。

 

授業時間が大学になると90分になるのは、90分集中できるからではなく、適度に手を抜きながら話を聞ける大人になるための訓練らしい。

 

この記事を読み私は「集中力」に対して大きな誤解をしていたようだ。

 

仕事でも趣味でも一点に集中する事が成果をあげる方法だと思い込んでいたがそうではない。人間の集中力20分が限界だという話を聞いた事がある。

 

むしろメッシのように、90分の間で普段は何もしないがここぞという場面で力を集中させる。こっちのやり方の方がむしろ結果が出せるようだ。

 

大事な言葉なのでもう1度いう。

 

「全体を俯瞰し、注意を分散させる」

 

これが集中において最も大事な事だ。

 

目からウロコの記事だった。