「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

FXに興味を持つ

スポンサーリンク

おはようございます、なごみです。

 

今日は天気がよくて気分がいい。昨日の日本代表はしょっぱい試合だったので、前半しか見なかった。

 

投資の方は私は少ししかポジってないので、被害は少ないが、トランプの政策のせいで死亡しかけている個人投資家も多いのではないだろうか。

 

株式投資の方が様子見になりそうなので、何かないかと思っていたら、投資で必ず出てくる言葉「FX」というものに興味が湧いてきた。

 

私は知的好奇心が旺盛ですぐに興味を持ちすぐに飽きたりするタイプだ。

次から次へ新しい事を見つけ、次から次へ飽きていく、その繰り返し。

どうやら職人肌ではないらしい。

 

「FX」もギャンブルというイメージしかなかったが、それをいうなら株式投資もギャンブルと対して変わらない。私はギャンブルと認識した上で投資している。

 

そもそもギャンブルってそんなに悪い事は思っていない。楽しいし熱くなれる。

海外ドラマ「スーツ」でハーヴィが、ポーカーをする場面があるのだが、

 

「奴はギャンブラーだ。俺もそうだ。」

 

という言葉が好きだ。

 

話はそれたがFXについて自分なりに初心者本を買って調べてみたが、意外と面白そうだというのが感想だ。国際情勢にも詳しくなれそうだ。

 

よく何でもネットで調べれば十分だという人がいるが、私の場合は、必要な情報は情報源の正しい出版元が出している本を自腹を切って購入するようにしている。

 

タダほど怖いものはない事を身を持って知っているからだ。

 

早速もう少し調べてからFXの口座を開いてみようと思っている。

まずは口座を開いてお金をかけずにチャートなどしばらく観察する。

 

株式投資の時もこんな感じだった。

新しい事を始めるってやっぱりワクワクする。

 

 

 

株もそうだがFXの世界も奥深そうだ。