「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

日本代表、ウクライナに力負け

スポンサーリンク

おはようございます。なごみです。

今日も地合いが悪く、不安定なため、取引は静観中だ。

今日も朝からカフェに来ていて、現在このブログを執筆中だ。

不動産の方も無事入金が確認でき一安心だ。

 

喫煙スペースでは老人が集まって井戸端会議をしている。

私の地元では、老人の楽しみはパチンコとカフェくらいしかないのだろうか。

 

昨日は楽しみにしていたサッカー日本代表戦を見た。

負けはしたがマリ戦よりは退屈しなかったというのが感想だ。

 

とにかく日本は中盤でのミスパスが多すぎる。

長谷部、柴崎といった海外で活躍している選手でも簡単なミスパスをする。

中田英寿がいればと思う。彼はとにかくミスが少なかった。遠目からでも狙えるミドルもあったし。

 

相手の速攻も効率的でやはり日本人とはスピードが違う。

 

私もサッカーをしていたから分かるのだが、サッカーという競技はスピードがある人が断然有利だ。

超一流選手にも共通する武器は圧倒的なスピードだ。

メッシ、ネイマールロナウドロナウジーニョ

とにかく初速が早い。そしてそのズバ抜けたスピードが人々を魅了する。

 

ネイマールやメッシが守備した時の戻りの速さには驚いた。

 

そう考えると、日本人はどちらかというと持久力の方が強いので、サッカー選手で天下を取るのは難しいかもしれない。それにサッカーは、時に四方八方を敵に囲まれたりする。

 

ここら辺も海外の選手は冷静だ。日本人はパニクりやすいので、日本人にはサッカーは不利だろう。

 

あの程度の戦力でW杯に行けるだけでもありがたい事だ。結果は見えているが日本人として応援だけはしたい。

 

ちなみに今注目しているスポーツ選手はボクシングの村田諒太だ。

歳も近いし、ドキュメントも見たが、読書家でインテリジェンスもユーモアもある。

 

今度の防衛戦も是非頑張って欲しいと思う。