「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

入社式もボーナスも経験した事がない

スポンサーリンク

おはようございます。なごみです。

 

新年度になり、各社で入社式が行われたそうだ。

12年前の私はというと、各社が入社式の日は自宅で引きこもっていた。

 

大学時代に1社も内定が貰えなかったので、そのまま地元にトンボ帰り。

ただひたすら自分を呪っていた。両親からは情けない奴のレッテルを貼られた。

 

何のために大学に行ったのか、なぜ生きているのかをただ自問自答し、自己嫌悪に陥っていた。夢のあるフリーターならいい。だって自ら選んだ道なのだから。

就職を希望しできなかった、それが一番最悪だ。

 

そのため私は入社式も同期もボーナスもビジネスマナーの研修も何も経験した事がない。

 

同期と愚痴を言い合ったり、ボーナスで贅沢してみたり、そんな普通の社会人を求めていた。

 

バイトでは周りに、は?という顔をされ、地元なので先輩や後輩が店に来た時はドリンクの所に隠れていた。

 

くだらない、実にくだらない人生だった。

 

やっと仕事、プライベート、過ごし方、金銭面が形になってきた。結果オーライとはこの事だ。

 

ただ本音を言うと、若い時にもっといろいろ経験したかった。

経験するにはお金が必要だ。お金がないと経験する事すらできない事がたくさんある。

 

世の中ゼニだ。俺はとにかくゼニが欲しい。

 

そう思いながら10年以上辛い日々を過ごした。

こうしてゼニを手に入れた今、時間こそは何にも変えられない事を知った。

 

もう若い時には戻れない。

 

未来ある若者には株や貯金なんかより、旅行や本、夢を語り合う仲間、ワクワクするような体験、恋愛などに精一杯やって欲しいと思う。

 

20代は特にその一瞬一瞬が輝く時だ。

 

私はその輝く時を犠牲にしてしまった。

 

それでも過去があるから今がある。そう自分に言いかせている。