「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

将来は猫でも飼ってひっそり暮らそうか

スポンサーリンク

おはようございます。なごみです。

今日も米中の貿易戦争で相場は不安定な予感がする。

大きな伸びは期待できないだろう。相場が不安定な時は手を出さないようにしている。

 

しばらく微妙な相場が続きそうなので、今日はバイトの話を聞きに行く。

内容はもちろん普通の時給のバイトではない。

 

ーーーーーーーーーーーー

空き家の写真撮影 報告

1件200〜2500円 交通費支給

好きな時間と日にできる

ーーーーーーーーーーーー

 

少し怪しいが、暇なので話だけでも聞いてこようと思う。

たまには人に会って話を聞くのも悪くないし。

 

最近自分の将来について考えている。

 

この先40代、50代と歳は重ねていく。どう生き、どう過ごすか。

今のうちに大まかなライフプランを考えておきたいところだ。

 

婚活はしている、今週の日曜に1件イベントがある。しかし結婚に関しての具体的なイメージはない。理由は私がいわゆる普通とは違う仕事、生活をしているからだ。

 

問題は精神面ではなく物理面だ。私にとって結婚の最大の恩恵は子供だ。

しかし、子供を育てるという大きな責務を私が果たせるか疑問だ。

 

そしてお金の分担や住むところ、同居や別居、車や共同生活など、いろいろ考えると嫌になってくる。じゃあ婚活なんかするなよ。と思われるかもしれないが、私も男だ。

 

恋愛くらいする権利はあるだろう。

 

ひとりでのプランも立ている。それは親が亡き後はひとりになるので、猫でも飼おうという案だ。

 

猫でも飼って田舎でひっそり暮らしながら、投資しながら、たまには繁華街に行って若いお姉さんと飲んだり、ゆっくり読書や麻雀、将棋を楽しむというプランだ。

 

一匹狼のハンター、あのモンスターハンターでも猫を引き連れて戦っているだろ。

 

なんだか結婚のプランよりもこっちの方が具体的にイメージできる所が恐ろしい。

 

まぁ私が老人になる頃には生涯独身なんて生き方も結構主流になっているだろう。

自分の人生を自分のためだけに生きる、そんな生き方も悪くはないだろう。

 

少なくとも結婚して自由に使えるお金が減るというのは、私には耐えられるかどうか分からない。