「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

自宅兼事務所はメリットだらけ

スポンサーリンク

こんにちはなごみです。

 

今日は特に取引もせず、不動産関係の仕事もないので、投資関連や決算関連の本を読んでインプットしていこうと思う。

 

平日の昼にインプットの時間が取れる所が今の生活で気に入っている所だ。

 

私は自宅兼事務所として使用しているが、ネットではデメリットの方が大きいみたいな事がよく書いてある。

 

職種にもよるが、士業や物を売る、人が出入りするような事務所は基本的に自宅はNGだと思う。HPにも自宅の住所を載せるなんて私には怖くてできない。

 

しかし私のように、賃貸経営、投資事業を軸としているなら、自宅兼事務所はメリットだらけだ。来客もなく、ネット環境があれば十分だ。

 

まず、固定費などが経費になるし、通勤時間もない。

通勤時間の分だけ人より多く情報を仕入れる事も可能だ。

 

服を着替えたり、髪型をセットする時間もカットできる。

 

それと大事な書類を自宅に置いておけるので仕事中に紛失する事もない。

 

さらには、自宅に居るという事は防犯上も大きなメリットになる。

 

ひとり経営は会社のように雑談や会話できないから寂しいなどと言われるが、他人と雑談や会話なんてそんなにしたいか?

 

女性と話したかったらお水に行けば解決だと思っている。

 

それに今の時代はツイッターなどもあって簡単に他人と交流が可能だ。

 

私の場合は自宅の1部屋を事務所として使っているが、大きな不自由は感じていない。

 

好きな音楽をかけながら、税務作業をしたり、投資先の調査をしている。

 

朝近くのコンビニに行って100円のコーヒーを飲みながら、通勤や仕事に忙しい人達をぼーっと眺めている。

 

人とは逆の行動を取るのが勝利への近道だ。