「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

ひとり経営の生活をのぞき見  〜平日編〜

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

今日はひとり経営&ひとり投資家の生活を少しのぞき見して頂こうと書いてみる。

 

セミリタイアした人などは、他のセミリタイア者や30代の賃貸経営者の生活に興味があるかもしれない。

 

では開始。

 

6時 ◯起床

   ◯近くのコンビニに行って、通勤してる人をぼーっと眺めながら100円コーヒーを飲む。

   ◯地方紙、日経新聞を読み始める。これを大体3時間かけて隅々まで日々の出来事をチェックする。

 

9時 ◯ブログを書き始める。

   ◯ツイッターを開始する。

   ◯保有銘柄の監視を始める。

   ◯新規の投資先の調査、発掘作業

   ◯決算書、アナリストレポートを読む。

 

11時 ◯ランチで外食で出かける。

 

12時 ◯またブログを書き始める。

   ◯株取引に関しては午前で終了。

   ◯引き続き投資の調査、発掘、分析作業

   ◯不動産の帳簿をつけ、資金管理する。

   ◯何もすることがなくなったら読書をする。

 

15時 ◯スポーツジムに行く

   ◯近くのスーパー銭湯に入りに行く。

   

16時 ◯switchのゲームを1時間する。

 

17時 ◯Netflixのドラマ、映画を1時間見る。

 

18時 ◯夕ご飯

 

19時 ◯自由時間を開始する。

   ◯読書、ゲーム、ドラマ、ラジオ、音楽、自己啓発

 

22時 ◯就寝

 

大体平日はこんな感じだ。少し前は午前にカフェに行っていたのだが、倹約を意識してあまり行かないようにしている。投資を始めてから、少し生活や物の見方が変わったような気がする。

 

通勤時間がないので、その分は新聞を丁寧に読んでいる。ゲームは、最近はマリオキングダムをしている。ゲームは1日1時間と決めている。不動産の管理は1日10分くらいで終わる。

 

これといってハマっている趣味などは特になくて、その時々で音楽やラジオ、読書や動画、スポーツ鑑賞など完全なインドア生活者だ。

今の一番の楽しみはW杯だ。

 

15時にジムとスーパー銭湯に行く理由は、人が少ないからだ。

人混みと待ち時間が一番嫌いだ。

 

これぞひとり完結型の生活だ。時間の有効性と投資の面白さに気づいたらもう無駄な事ばかりやらされるサラリーマンには戻れない。

 

不動産も投資も赤字になった事は今まで一度もない。

こんな生活でも年収は投資を合わせて1000万を超えている。

 

好きな物買って、好きな物に囲まれて、好きな事して生活している感じだ。

投資は生活のためというよりは楽しいからやっている。

 

この状況の中で結婚という共同生活は無理ゲーだと思っている。

それでも彼女が欲しい。