「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

図書館で今後の人生を考える 〜青写真編〜

スポンサーリンク

おはようございます。なごみです。

今日は天気がよく、朝から図書館に来ている。

いつもはカフェだったが、最近はコーヒー代400円を節約している。

たまには図書館も静かでいい。

 

最近は時間に余裕が出て来たせいか、自分と向き合う時間が増えてきた。

前は時間が余りすぎて、何をしようか迷っているうちに夕方になっていて結局何もしないという不毛な時間を過ごしていた時期もあった。

 

投資を始めてからは本を読んで勉強したり、情報収集したりと、有意義に過ごせているかは分からないが、人間やる事がないと堕落してしまう生き物みたいだ。

 

私も気がつけば30代中盤、いつの間にかおっさんの仲間入りだ。

婚活に行って感じたが、女性から年齢で弾かれる歳になってきた。

これから40代、50代と人生は続いていく。

 

その中でどう生き、どう過ごし、どんなテーマを持ちたいか、図書館で考えている。

私の中でこれからまた会社員になったり、バイトをしたりという選択肢はない。

今の収入の維持がいつまで持つかは分からないが、出来る限り支出を抑えた生活をし、ミニマリストという生活を実践していきたい。

 

この4年程、新しい人との出会いはないし、県外にも出た事もない、それでも特に寂しいと感じたり、人脈が欲しいと思ったことはない。どうやら私は、他人とリアルで交流したいという願望が無いみたいだ。なので当然、旅行にも興味が無く、半径5mの世界を大事にしたいタイプだろう。

 

ネットが発達したおかげで、自宅や図書館でも日本中、世界中と繋がりを持てるのが大きい。

私のような人間は時代の恩恵を受けて生きていけるのだと思う。