「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

ひとり経営は自己管理が全て

スポンサーリンク

おはようございます。なごみです。

今日もクラシックを聴きながら、ひとり経営を頑張っている。

 

私の事業の3本柱は、不動産、株、そしてこのブログである。

ブログに関しては少額だが、今後、月5万くらいになればと企んでいる。しかしこの壁は結構高そうだ。

 

最近はモチベーションがトーンダウンしてきて、前は6時には起きて作業していたが、今日はなんと8時になってしまった。

 

私は精神的な病も患っているので、このモチベの波は一種の病気によるものかもしれない。モチベが高い時はいろいろ行動したり、新たな発想が生まれたりと、素晴らしい成果を残す事ができるが、トーンダウンした時は寝てばかりで何もできない。

 

健常者でもひとりで仕事をするとなると自己管理は難しいと思うが、私にとっては普通の人よりも難しいのではないかと思ってしまう。

 

フリーランスであれば納期までに作業しないといけないので、私には無理だろう。

 

私が力を入れている管理は、自己管理、資金管理、健康管理だ。

 

金管理と健康管理ができていれば、自己管理はほぼできているいっても過言ではないだろう。タバコこそ吸っているが、健康に今の所不安はない。本当はタバコを辞めれれば一番良いのだが、なかなか難しい。

 

昨日読んだ本によれば、経済自由人になるには株と不動産は避けては通れないそうだ。

リスクを取れない者は決してお金持ちにはなれない、と書いてあった。

 

かぼちゃの馬車」の件もあるし、素人がむやみにリスクを取ると危険な事も確かだ。

私もこれ以上リスクをとってお金を稼ぎたいか、と言われると疑問だ。

むしろ生活水準を下げてお金を貯めたり運用したりする方が簡単だし、確実だと思う。

 

スラムダンクの仙道風に言うと「お金持ち(全国)への道はなかなかに厳しい。」