「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

アーリーリタイア5年目の真実

スポンサーリンク

おはようございます。なごみです。

 

今日は特に予定もなく朝から図書館で作業している。

PC持ち込み、電源有り、wifi有りの図書館が車で15分程度の場所にある事は非常に助かっている。

 

さて、ネットやツイッターでは30代でのアーリーリタイアを目指している人も結構いるみたいだ。30代で仕事を辞め、仕事以外での収入で生活する。私は不動産を軸にそれを達成したが、今年で5年目になる。

 

ここで感じた事を書いていこうと思う。

 

アーリーリタイアも結婚と同じように、ゴールではなく人生の通過点でしかない事を感じている。リタイアしても人生は死ぬまで続くのだ。

 

実は理想を目指して頑張っている時の方が充実感が大きいような気がする。

 

私のようにゴールしてしまったら、会社という居場所、仕事という使命がなくなり、自宅か図書館通いになってしまう事も考えられる。

 

ゴール後にやりたい事がたくさんあるという人もいるだろうが、実際時間があると、やりたい事なんて数ヶ月ですぐにやりきって飽きてしまう。

 

金銭的にはひとり経営では、どこまでも上を目指せる程甘くはない。

 

もし、居場所があるならそこに留まって、自分の範囲内の中で楽しむのも有りだと思う。

 

私もひとりの範囲において人生を楽しんでいる者の一人だろう。

 

私が人生をやり直せるなら、アーリーリタイアを目指したりはしない。

真面目に働いて、恋愛して結婚して、子供をもうけて、といった普通の人生を歩んでみたい。

 

今の日本では、そんな人生も結構ハードルが高いかもしれないが。