「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

書評 小説「IWGP〜プライド〜」石田衣良

スポンサーリンク

 

どうもなごみです。

今日は特にする事がなく久しぶりに小説を1冊読み終えた。

読んだ本はコレだ。

 

少しづつ読んで3週間はかかったかな。

今まで、買っては最後まで読み切れなかった本が結構あるので、読みきったのは自分の中で充実感がある。

 

内容は単純で分かりやすい事件の構図だが、その分読みやすいのがいい。

疾走感があるというか。主人公の目線もいい所をいっている。

 

ヤンキーに憧れる10代や20代の読み物かもしれない。

そんな目線で書かれているのかな。30代のおっさんが読むには青い感じがする。

 

5月からはつたない投資経験で、企業分析のレポートを作ってアップしていこうと思っている。

 

なぜそんな事をするのか?

 

まぁ暇だからだ。こんな暇な人間ほかにいるのだろうかと疑問に思う。

無職だったら就活やら何やらする事もあるし、私の場合、無職ではないが、本業の仕事は究極に少ない。

 

生活の心配も今はそれほどない。

 

しかし定年後の老後みたいな生活になりつつあるので、GWはエネルギーを充電しつつ、新しい事にもトライしていきたい。