「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

書評「株式投資の学校」 株からの撤退の撤退

スポンサーリンク

おはようございます。なごみです。

今日は朝からカフェに来て作業をしている。

カフェで主にやっている事は、ブログの執筆、ツイッター、あとは新聞を読んだり投資関連の事だ。

 

正直自宅でもできるのだが、自宅でやるとダラダラと過ごしてしまう。

 

今は日本の企業しか投資していないが、今後は外国株やソーシャルレーティング、FXも撤退はしたもものまたいつかトライしたいと思っている。

 

どんな手段でもいい。運用益をプラスにする事が目標だ。

 

今日はカフェで「株式投資の学校」というブックオフで買った本を一通り読んだ。

古い情報だが、結構分かりやすく書いてあった。

 

株式投資を一旦撤退しようと考えていたが、まだ資金に余裕があるため、もう少し粘ってみようと思う。いろいろと本を読んでいたら、誰しも成績が低迷する時期があるらしい。その時期を乗り越えてこそ見える景色を一度見たいと思う。

 

それと私の住んでいる地域は田舎なので、ウィンドショッピングする所もなければ、はっきり言ってする事も特にない。

 

ネットの発達、さらには投資する事によって、田舎からでも、世界中の経済を垣間見る事ができる環境を生かそうと思う。