「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

不動産賃貸経営は安定しない

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

私は賃貸経営を軸として生計を立てているが、不動産だから経営が安定しているとは言い難い。普通の会社の社長と同じように、事業に失敗する事も十分有り得る。

 

金管理、物件管理が雑になればそれだけリスクも上がる。

 

不動産=金持ち。不動産=安定。それは幻想だ。

 

今年は周りの相場に合わせ家賃を下げた結果、去年より年間60万のダウンだし、借り入れもあるので、金利の状況によっても手取りが左右される。

 

建物も年々古くなっていくし、修繕費やメンテナンスもしないといけない。

 

戸建もやっているが、いつ入居者が出て行くか分からないし、田舎なので一度出て行ったらなかなか入居者が見つからない。

 

この田舎で人を雇わず事業を拡大するのも現実的ではない。

 

今後は、収入が下がる事はあっても上げる事は難しい状況だ。

会社の社長ならば、人や設備投資を使って次の一手を考えるのが仕事の1つだろう。

 

私はひとり経営なので人も使えないし、事業の次の一手を打てるだけの奇策もない。

 

そもそも人と接する仕事が嫌で不動産賃貸を始めたので、自分で客と接するリアルビジネスを始める事は本末転倒だ。

 

まぁ賃貸経営に夢を見るのは自由だが、実際はうまくはいかないよ。

という話。