「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

個別株のスイング始めて半年の結果 〜これが現実〜

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

株式投資を始めて半年の結果を報告しようと思う。

軍資金は70万程度。株ごときで破滅したくないので、小資金からスタートして、中小型株を中心に小遣い稼ぎにでもなればと始めた。

 

私の最初の思惑では中小型株を5銘柄程度を入れ替えながら小さく利益を狙っていく。

そう甘くはなかった。

 

ちなみに今はポジションを持っていない。

 

半年で10回程度売買してみた。ちなみNISAを使って買い付けしている。

私のやり方は2週間〜3ヶ月程度保有する。いわゆるスイングトレードというやつだ。

 

始めたばかりという事もあって、銘柄選びは決算も見ずに適当に安そうな株を買った。

 

10回の売買うち8回プラスになって利確した。自分は小さくコツコツやるタイプだと思ったので出だしはまずまずだった。

 

エクセルに買った値段、売った値段、日経平均、買った理由、売った理由を記録している。

 

ここまでいい。

 

問題はあとの2回だ。完全なる利小損大。

 

1つは完全に高値掴みした感がある。買った瞬間が最高の値段だった。

しばらく粘ったが、浮上する気配がないので損切り

 

そしてもう1つは、2ヶ月間下がったまま低空飛行。

あえなく損切り

 

早めに損切りできなかったため傷口が広がり、利益を大きく上回る損失に。

結果的に半年で10回売買して38300円マイナスだ。

 

正直、扱っている額も小さく、小遣い程度損した感じだが、経験としては良かったが、損益がマイナスではあまり投資の意味がない。

 

大きな反省点は損切りだ。損切りが早ければ、多分トントンくらいだっただろうと思う。

 

あとは銘柄選びが甘い、ほとんど直感で買っていたので、もう少し調べたり、論理的に購入した理由を説明できるくらいにしとくべきだった。

 

半年でこの程度のマイナスならば、決して致命打ではない。もう少し粘ってみる価値はあるかもしれない。

 

投信に切り替えるか自分には向いていないと諦めて撤退か悩ましい所だ。

 

株は初心者が簡単に儲けを出せるほど甘くなはいとは分かっていたが、投資なので少しくらいプラスになるだろうと踏んでいた自分が情けない。

 

これが現実で受け止めて奮起するかどうするかは自分次第だ。