「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

無職の友人と縁を切った結果

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

私は生まれ育った地元にいながら友人が少ない、というより現在0人だ。

経営や投資、不動産の話をできる人などいない。経営者は常に孤独だ。

自由の代償が孤独といってもいいだろう。しかし決して不満ではない。

お金のない不幸も経験しているので、今の方が断然マシだ。

そもそも会社員とは話が合わないだろう。

 

そんな私にもフリーター時代に知り合った10歳年上の友人がいた。

付き合いは8年くらいだ。正直一緒にいるのが恥ずかしいくらいの不細工男だ。

頭は禿げてるし、デブだしだらしないし無職だ。無職歴はもう5年くらいになる。

今は心理士を目指し大学に通っているいるそうだが、なれる訳ないし、まさにピーターパンおじさん状態だ。

 

そしてこの前事件が起きて、私はそいつと縁を切る決心をした。

私としては平日の昼間に暇つぶしに遊べる貴重な友人だったが、それを上回るムカつきがあったため、縁を切った。

 

その結果、運気や調子が上がったような気がする。

そいつの事を考えなくて済みイライラがなくなった。自分の勉強に集中できる。

 

付き合う人は大事だと言われるが、皆さんも運気を下げる人とは付き合わない方がいいだろう。