「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

お金の本に載っていない問題

スポンサーリンク

おはようございます、なごみです。

 

最近はいろいろとお金に関する本を読んでいた。

まとめると手元により多くお金を残すには、

 

1、収入を増やす

2、支出を減らす

3、運用利回りを上げる

 

ようはこの3つだ。どの本にも書いてあった。

私は会社員でも会社の社長でもないただの個人事業主だ。

収入の枠は決まっている。つまり1はどうにもならない。

 

しかも私は、病気持ちなので、労働者として働く能力は無いに等しい。

 

つまり大事なのは2と3だ。

2は倹約に努めれば何とかなるにしても3は自分で勉強と実践を重ねていくしかなさそうだ。

 

今までは自分の労働力を使って何とか収入を増やそうとしていた。

資格取得を考えていたのもそのせいだ。

 

本を読んでいくうちに考えが少しづつ変わった。

お金や資産を自分のために働かせるという発想に変わった。

 

「お金持ちは働かない」という本当の意味に気がついた。

 

最大の問題は「働かない時間」をどう使うかだ。

 

いろいろ本を読んで、お金持ちになる方法はある程度どの本も充実している。

お金持ちになったあと、つまりリタイアした後の生活が載っている本はほとんどない。

 

私みたいに普段の仕事がほとんど無く収入がある人たちはどう時間を使っているのだろう。正直気にはなる。

 

私としては、今後は「運用利回りを上げる事」と「好きな趣味」に時間を費やしていこうと思っている。