「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

今日の仕事と隣人問題

スポンサーリンク

おはようございます、なごみです。

 

今日の不動産の仕事は入金の確認をした。期日どおり入金されていたので問題なし。

 

そういえば、今年の2月に貸家の隣人から、雪で小屋根が壊れたので直して欲しいと言われたが、結局何もしていない。また自宅まで怒鳴り込みに来るのだろうか。

 

隣人のおっさんが法律で決まってると連呼してくる。

 

じゃあ裁判でも起こせばいいと言ってやった。

 

こんなケチなトラブルを引き受ける弁護士はいないし、馬鹿な隣人相手にいちいちかまってられない。

 

その貸している事務所が空いたら自分で何か商売でもしようかと考えていたが、客商売は自分には向いていない。商売を始めると四六時中商売の事を考えなければいけないし、儲けたら帳簿関係で税理士費用が高くなるし、税金もかかる。

 

そう考えると、事務所が空いても、また次の人に貸すしかないか。

 

結局、商売の中で、不動産を人に貸すビジネスが自分が一番楽できるビジネスだと思う。

 

株で安定して利益を出せればと思っているが、これがなかなか難しい。

 

確実に儲かる商売はないのと同じで確実に儲かる投資方法も存在しない。

 

そんな中で自分なりの投資のスタイルを確立すべく、今日も勉強に励んでいる。

 

「資格」の勉強より「お金」の勉強を選んだ。