「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

追い込まれた男 〜ノンフィクション〜

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

今日は図書館に行って勉強してみたが、図書館での勉強にはそれなりのデメリットがある。

 

荷物の持ち運び、移動時間、席確保、タバコが吸えない等々だ。

 

今日はペンを図書館に忘れてしまった。気に入っていたので結構痛い。

 

そんなデメリットも図書館にはあるんだな。

 

これらな家で快適に勉強できる環境にした方が良いのではないかと思う。

 

昨日、夜中に民放で「追い込まれた男」という40歳のホストに焦点を当てた番組がやっていた。

 

主人公は伯爵という40歳のホスト。不細工な男ではないが、何か悲壮感というか痛いたしい感じだ。

 

客には舐められ、後輩には馬鹿にされ、それでもホストを続ける根性はある意味すごかった。

 

私の友人の45歳(無職)も見習ってほしいものだ。

 

最後はボーイになってやり直すみたいだが、はやり夜の仕事にドップリ浸かってしまったら昼の仕事はできないのだろうか。

 

私も気がつけば伯爵の歳に近くなってきているので、伯爵目線で番組を見てしまっていた。

 

自分ならどうするか。

 

きっと夜の仕事は辞め、何でもいいから昼間の真っ当な仕事を選びたい。

 

40歳ではそう甘くもないが、夜の世界しか知らないのできっと視野が狭くなっているのだろう。

 

一応ハッピーエンドで終わっていたので救いのあった番組だった。