「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

美容室が憂鬱

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

私は1ヶ月に1度くらいの頻度で美容室に行くのだが、これがなかなか憂鬱な作業だ。

 

リア充ぽい美容師と会話するだけでも面倒なのに、1時間くらいかかるし、美容師の自慢話を聞くのも憂鬱だ。

 

それでも髪を切るために行かないといけない。

 

1000円カットで丸坊主にすると楽なのだろうか。

丸坊主にしたら恋愛戦線からの撤退を意味するし、難しい所だ。

 

海老蔵みたいに坊主が似合う顔なら良かったな。

 

今日は午後から図書館に行き勉強していた。

 

やっと民法の半分が終わり、憲法を始める所だ。

 

憲法から始める人が多い試験だが、量の多い民法から始める事に意義があると講師は言っていた。

 

この業界、民法を制する者は試験を制するというらしい。

 

勉強を始めてから極端にお金を使わなくなった。普段使うお金は昼食代くらいだ。

 

株をやっていた時は勝つとご褒美も兼ねて何かを購入していたが、結局損した時に消費した分だけ無駄なものを買っている事になる。

 

気分の浮き沈みも大きかった。今は淡々と勉強して気分は落ち着いている。

 

例年、理由をつけて試験を受けなかったが今年こそは本試験を受験できるようにしたい。

 

早期リタイアした私にとって大事な事は、やりきる事、ベストを尽くす事だと思っている。

 

その上で合格し、自信を手に入れたい。