「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

現実逃避のピーターパンおじさんに会った結果

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

今日は図書館に行かずに自宅で勉強していた。

 

荷造り、席の確保、移動時間が面倒になってきたので暑いし、しばらくは自宅をメインの勉強場所にしようと思う。

 

午後はこのブログでも度々登場している10歳年上の友人とカフェでお茶をしていた。

 

この友人がまさに45歳にして現実を直視できないピータパンおじさんだ。

 

夢を口実に働きもせず、親の金で生活しているとんでもないおっさんだ。

 

最近は話をしていても全く噛み合わない。

 

いつも知ったかぶりで、時間にもルーズだしイライラする。

 

社会経験はコンビニバイトくらいで、病院デイケアという所で20年過ごしていたらしい。

 

20年もデイケアにいたら頭の中がお花畑になるのだろうか。

 

私もデイケアという場所に医者に勧められ一度行った事があるが、幼稚園みたいな雰囲気で吐き気がした。

 

そんな場所に20年も過ごしていたのはある意味ですごい。

 

まぁそこでも先輩風を吹かせてつまはじきにされ、逃げ場が無くなった今は、夢を追う事で現実から逃げている。

 

いつも口だけで話の内容にいちいち説得力がない。

 

どうせこの先も理由をつけて逃げ回るのだろう。

 

好きにすればいいが。

 

会ってしまう私も悪いのだが、会った後はいつも時間を無駄に過ごした罪悪感にかられる。

 

プライベートで人と会わないのは悪い事のような風潮があるが、会っても楽しくないなら会う必要はないと思う。

 

前は誰でもいいから誰かと会う事でストレスを解消できると思っていた。

 

しかしそれが逆にムカつきの元になっていた。

 

なのでしばらく会うのは控えようと思っている。