「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

投資から貯蓄へ 〜世の中の逆をいけ〜

スポンサーリンク

どうもなごみです。

今日は2回目の記事だ。お金について書こうと思う。

 

私は現在7つほどの収入源がありその8割は不動産による収入だ。

 

それでも税金やら何やらで年間貯蓄できるキャッシュはそれほど多くない。

独身でかつ友人も0人で交際費もかからないし旅行にも行かない私にとっては働かずに生活出来るだけで十分だ。

 

前はこのお金を有効活用しようと株式投資に力を入れていた時期があった。

 

しかし、今後も特に人生のイベントがない私にとってお金が増えた所で大きなメリットはないと思う。

 

それよりも預金で持っていた方が安全だし、自分のメンタル的にも落ち着く。

現金にはメンタルを安定させる作用もあるみたいだ。

 

今は投資に当てていた時間を勉強に充てている。

 

毎日情報に振り回されなくなって、株価の上下も気にしなくなってスッキリしたと思っている。

 

投資には魔力みたいなものがあるので自分はギリギリの所で中毒にならずに済んだ。

 

私は常に世の中とは逆に動くみたいだ。

 

周りが就職なら私はフリーター。周りが就職して豪遊している時は私は引きこもり。

周りが働いている時は私は昼寝。周りがお金に困り出したら、私は不動産収入で富裕層へ。世間が投資なら私は貯蓄。

 

といった具合に、意図せず周りと逆の道を歩んできた。

本能的に世間はと逆の事をしているのだろう。

 

その結果は、一日10分ほどの賃貸経営で生計を立てるという状況になった。

どうやら成功の秘訣は世の中と逆の行動をする事にあるみたいだ。

 

無職で引きこもりでニートでメンタルを病んだだった私でも何とかなるもんだ。

普通の人だったらもっと何とかなるだろうと思う。