「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

祝・決勝T進出 〜フェアプレーの勝利〜

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

昨日のサッカー日本代表ポーランド戦。

 

いろいろ言われるとは思うが、大会ルールの中での戦術的撤退だった。

 

ポーランドもボールを追って来なかったので日本だけ避難される言われはないと思う。

 

個人的には槙野と宇佐美が不安要素で大敗の可能性もあったと思うと1−0で終えれたのは幸運以外の何物でもない。

 

宇佐美はボールロストが多いし、クロスもシュートもデフェンダーに当たってばっかだったな。

 

守備の時はもっと走ってくれ。

 

槙野は危うくオウンゴールだったし、そう考えると結構ギリギリの試合だった。

 

決勝Tで日本が観れるのが何よりだ。

 

母国をこれほど応援したくなるスポーツも珍しい。

 

しかしコロンビアってやっぱ強いチームなんだな。

 

初戦じゃなかったら勝てなかったかもしれない。

 

今大会は他国の試合も録画して観ているが、注目しているのは世界のサッカー界を引っ張る3人だ。

 

ロナウド、メッシ、ネイマール

 

個人的にはネイマールロナウドやメッシの域には達していないと思う。

 

ネイマールの切り返しは芸術的だが、試合を決めれるロナウド、全てに神がかっているメッシに比べると劣る。

 

今大会強いチームだと思ったのは、ポルトガルクロアチア、ベルギー。南米勢はイマイチだった。ただ、一発勝負に強いのがブラジル、アルゼンチンだ。

 

これだからサッカーは面白い。

 

日本はベルギーと当たるみたいだが、イングランドよりマシかもしれない。

 

ぜひ大和魂で日本旋風を巻き起こして欲しい。

 

そんな感じのグループリーグだったが、決勝T、まだまだ楽しめそうだ。