「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

半期(1月〜6月)までの支出 〜小遣い編〜

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

私は毎日、どこで何にお金を使ったか几帳面にも手帳に書いている。

ちなみに私はパチンコなどのギャンブルはしない主義だ。

 

1週間、1ヶ月毎に集計している。

その結果を公表したいと思う。

ちなみに生活費と税金を除く小遣いのみの出費だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月 70000円 (雪のため外に出れず出費が少なかった)

2月 93000円 (何とか倹約していた)

3月 370000円 (ipad proを購入し出費増 風俗1回)

4月 216000円 (macbook購入し出費増 風俗1回)

5月 312000円 (ps4購入で出費増 風俗1回)

6月 243000円   (風俗3回で出費増)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

計1304000円

 

小遣いのみでの出費が6ヶ月で130万を超えてしまった。

シャ、シャレにならん。

 

ウシジマくんで一度生活レベルを上げたら下げれない、と言っていたのを思い出す。

 

こうデータで見ると倹約、倹約といいながら高額商品を買っている自分がいる。

それ以外にも風俗や外食、日経新聞四季報オンラインにスポーツジム会費、エロ動画代。いろいろと結構かさんでいる。

 

6月に入り、日経新聞四季報オンライン、スポーツジムを解約。エロ月額動画を3本から2本に変更。

 

これで月2万弱の節約になる。

去年の反省を活かせず、今年も予算オーバーしてしまっている。

 

友人が一人もおらず、彼女もいなくて交際費がかからないのにもかかわらずだ。

 

独身だからいいものの結婚していたら破綻レベルの出費だ。

いかに自分に甘い人間かがこのデータで分かる。

 

風俗代が何とかなれば、月々の出費も大幅に減るのだが、彼女を作るのが本当は一番いいのだろうが、結婚も興味ないし、デート代を奢るのが嫌なので結局風俗の頼ってしまう。

 

老後破綻の動画を見て怖くなったので、もう少しお金に厳しく生活を見直そうと思う。