「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

障害者雇用の仕事の現実

スポンサーリンク

どうもなごみです。

 

最近障害者が話題になっている。

 

地方紙でも結構取り上げられたりしている。

 

私が分かる範囲は精神障害だけなので知的や身体の事はよく分からない。

 

過去に2回ほど障害者雇用で働いた。

 

雇用なんて名ばかりで実際にやっている事は、紙を袋に入れたり、シールを貼ったり、

猿でもできそうな事ばかりだ。

 

私は1度目は3日でやめて2度目は3ヶ月で辞めた。

 

一度でも普通に働いた事のある人なら分かると思うが、何年もやれるような作業ではない。

 

私はITが得意だったので、事務所でのPC作業もあったが、その時の社長は、障害者からピンハネした金でレクサスに乗って、ゴルフ三昧だった。

 

障害者の事を考え、社会貢献なんてクソくらえな世界だ。

要は金儲けの道具でしかない。

 

働いてる障害者もミスや言い訳ばかり多く、それも全て障害のせいだと開き直る。

 

私は彼らからは一抜けしたのであまり関係ないが。

 

今日もどこかで障害者が暗くて狭い室内でシールを貼っているのだろう。