「不動産と株でひとり経営」

地方で不動産賃貸と株式投資で生きています。思った事や感じた事、投資や書評について書いています。

風俗、キャバは金の無駄なのか?

スポンサーリンク

こんばんはなごみです。

 

今日は私の趣味である風俗に関して書いてみたいと思う。

 

35歳になってようやく経済的に気軽に風俗に行ける身分になった。

まぁ遅咲きだ。

 

ちなみに私が経験があるのは、ソープ、デリヘル、キャバクラ、ラウンジだ。

 

まず風俗に関しては、確かに一発約2万は高い、高すぎる。

 

3回連続でデブに当たった時は引退を考えた。

 

私も時給680円でバイトしていた時期があるので、90分2万の価値がどれほどのものかは分かっているつもりだ。

 

だが、高いからといって必ずしも無駄だとは思っていない。

 

特に最近のデリヘルなどはごく普通の大学生などがお小遣い稼ぎでやっているような感じで、普通ならおっさんが会話すらさせてもらえない美人な女性が在籍している。

 

そんな若くて美人な女性に会話どころか、あんな事やこんな事までできるのは風俗以外存在しない。

 

もちろん実際どんな子に当たるかは半分ギャンブルである。

 

最悪な女に当たった時は金の無駄だったと感じるし、いい子に当たった時は、むしろ得した気分になる。

 

私の場合、風俗に行く回数は月1回または2ヶ月に1回と決めている。

 

ここら辺はパチンコと同じで、ハマりだすとヤバい事くらい分かっているからだ。

ちなみに私はパチンコ類は一切やらない。

 

理由は汚いおっさんの横にじーっと座ってられないからだ。

家で寝転がってゲームしていた方がマシである。

 

100億あったら毎日風俗に行きたいくらいだが、庶民が行ける回数は大体決まっている。

 

モテないおっさんが唯一若い女を抱ける、それが風俗だ。

 

コスパ的に考えても、デート代、食事代、メールとかに費やす時間を考えたら風俗のコスパは良いと思う。

 

こんな田舎でも美人な子は予約がいっぱいで入れない。

 

私個人の考えでは、風俗は金の無駄ではないが、キャバクラ、ラウンジこそ金の無駄だ。

 

女と酒飲んで話すだけで数万も払うなんて馬鹿げていると思う。

 

なので私はキャバやラウンジなどは自分の金では一切行かない。

 

結論をいうと風俗が金の無駄になる時は最悪な子に当たった時。

庶民にとってキャバやラウンジは論外に金の無駄。

 

では。